ウッドデッキメンテナンス。

 ウッドデッキメンテナンスや作り替え工事のご案内しています。

Wood-decker

メールでのお問い合わせ

Top>メンテナンス方法

 取り扱い商品
 データ&サポート
 商品購入

ピックアップ

ウッドデッキ材アウトレットショップ

 

 


メンテナンス方法
BBQコンロプレゼント実施中!
ウッドデッキ リニューアル工事
針葉樹(ソフトウッド)ウッドデッキで新設から10年以上過ぎるとあちらこちらに傷みが発生し、危険なものですとデッキ踏み板がわれて転落しそうになったり、フェンスの支柱が腐食して倒壊しそうなっているもの等があります。

ウッドデッキを生活空間の一部として便利に使っている場合、無くなってしまうととても不便に感じる事になります。

そんな時是非、私たちにご相談下さい。

既存のウッドデッキを解体廃棄して新しいウッドデッキを作らせて頂きます。
ウッドデッキが流行りだした頃は建築資材の余った木材に防腐塗装をして作ることが多くありましたが、屋内用の木材ですと防腐塗装をしても耐久性が脆弱です。
当社は耐久性の高い広葉樹(ハードウッド)で丈夫なウッドデッキを納めさせて頂いています。 以下の工事例をご参考下さい。
設置から10年程度経過した レッドシダーのウッドデッキです。
基礎はコンクリートで造られていて比較的湿り気の少ない良い環境なのですが踏み板の浮きがかなり目立ってきました。
全解体して再構築しました。
ウェブアルバムにたくさんの写真がありますのでご覧下さい。
設置から13年経過した レッドシダーのウッドデッキです。
踏み板も弱くなって踏むと壊れそうな所がありましたが、それ以上に危険だったのは、フェンスの基礎になっている台木が腐って、落ちそうになっていました。
ウェブアルバムに多くの写真がありますのでご参考下さい。

こちらもウエスタンレッドシダーのウッドデッキで、下の補修工事にある写真の現場です。
6年前に補修をさせて頂きましたが、新設から15年経過し、ついには踏み抜きそうになるなど危険になったので解体してリニューアルしました。


施工の様子を記録したページがありますので、ご参考下さい。

同じく針葉樹のウッドデッキ、ところどころ板がとれていたりして不便な状態でした。

天然木材では無く樹脂木材をご希望されました。

夏場は少し暑いですが、メンテナンスの手間が少ないという長所があります。

ウェブアルバムに多くの写真がありますのでご参考下さい。

傾斜地の住宅でウッドデッキがお庭代わりですが、画像の様に腐食して階段も壊れてはしごでデッキに下りるようになっていました。

そこで、基礎をしっかりと造り込みバルコニーからバリアフリーでアクセスできるように設計しました。

施工の様子を記録したページがありますので、ご参考下さい。

壊れそうなウッドデッキでお悩みの方は是非ご相談下さい。

メールや電話では詳細説明がしにくい場合は、設置場所を拝見してお話しを伺います。

お見積は無料でお作りします。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

対応が可能な地域は 東京、神奈川、千葉、埼玉です。
 
ウッドデッキ補修/修理工事
大きな画像が見られます こちらの写真は設置から7年ほど経過した ウエスタンレッドシダーを使った一流メーカー他社製のウッドデッキです。
ビス止めしたところに水がたまり腐食してしまいました。
大きな画像が見られます

腐食した部分の右奥には、乾燥して大きくひび割れた部分があり、どちらも踏んだときに折れたりすると大変危険なのでお客様は交換をご希望になりました。

大きな画像が見られます

全体が悪くなっている訳ではないので、点検してデッキ材の張り替えが必要な箇所をお客様と相談をして交換をしました。

交換することでウッドデッキの寿命を延ばし、安全にご利用いただくことが出来ます。

大きな画像が見られます 張り替えた部分の色がそろうまで半年から1年程度の時間を要します。

費用目安:

表面材 およそ 1uあたり 7,000〜9,500円程度
材料の種類、厚みなどにより変化があります
施工費 1日 35,000〜45,000円程度
施工場所、施工面積、下準備の有無により変化します

※材料が入手可能であればどちらのメーカーのウッドデッキでも作業を承ります。
  材料が入手困難な場合は代替え材の提案をさせていただきます。
  特殊な形状やサイズの材料が必要な場合、お時間をいただければ木工所に加工依頼を
  して制作可能です(別途加工費用が発生します)
 
※ウッドデッキやフェンスの傷み方は一定ではありません、正確な金額は現場調査の上
  補修方法などを決定してからお見積もりいたします。(見積は無料です)

※塗装は含まれていませんので、必要な場合はご相談下さい

まずはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちらからです。




ウッドデッキ高圧洗浄
拡大写真が見られます 経年変化でグレーに変色したウッドデッキに洗浄剤を塗布して汚れを浮かせます。
しばらく放置して(完全乾燥しない時間)汚れを浮かせます。
使用する洗浄剤は船舶の洗浄にも使われている物で海上に廃棄しても環境破壊の無い物です。
苛性ソーダ系の洗浄剤は動植物に影響を及ぼすので私どもは利用していません。
拡大写真が見られます

充分に汚れを浮かせたところで高圧洗浄機を使って汚れを取り去ります。
デッキブラシなど普段の清掃で落ちなかった汚れが水に流されデッキ材本体の姿が現れます。

拡大写真が見られます

奥が洗浄清掃した部分で手前のグレーのところがこれから洗浄する部分です。
色合いの違いははっきりしています。
このままでも良いのですが、エクステリアオイルなどを塗装すると風合いが長持ちします。

費用概算:

デッキ面洗浄 およそ 1uあたり 4,500円程度
オイル塗装は およそ 1uあたり 6,000円程度
※設置場所の状況により金額の増減がありますので、正確なお見積もりは設置場所を拝見してご案内いたします。
※塗装は洗浄後乾燥を待ちますので2,3日期間が空きます。(ご自分で塗装をされても楽しいかもしれません)
※洗浄中にウッドデッキの傷んだところを発見することもありそれらの補修のご相談も賜ります。
まずはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちらからです。

黒ずみのメンテナンス方法

黒ずみのメンテナンス方法

鉄粉や銅粉付着による黒ずみのメンテナンス

ウッドデッキ設置後にエアコン工事やフェンス工事などで金属加工をすると金属の切りくずが飛散し木部に付着します。
時間経過に伴い木材が持ているタンニンと金属イオンが反応しタンニン鉄というカビの様な黒ずみ/シミを木材に発生させます。

カビと勘違いしてあわてることがありますが、この酸化による黒ずみは「黒鉄しみ取り」を利用して簡単に落とす方法があります。

左は黒ずみの除去作業をした後のウッドデッキ表面の画像です。

日焼けした部分も漂白されて元の木の色に戻っています。

用意する物は、「黒鉄しみ取り」と筆や刷毛などです。


大きな画像が見られます
ウッドデッキ、ウッドフェンス専用
「黒鉄しみ取り」
鉄粉、銅粉などが酸化して黒ずんだ場所の漂白に使えます
使い方は簡単、ハケで黒くなった部分に塗布するだけ!!
サンドペーパーなどで削り取る疲れる作業は不要です
500cc入り ポリボトル 1本 \1,300.   
驚くほど短時間で漂白される効き目を確認頂くためノーカットで掲載しています。 時間はおよそ2分20秒ほどの長さです。
漂白効果を確認しやすくするため拭き取りをしていますが、通常のご使用では、水洗いして自然乾燥すれば作業完了です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木部のメンテナンス方法

木製エクステリア用品には比較的短時間で訪れるいくつかの経年変化があります。

  • 木材表面の変色の原因
  • 木材表面にある樹脂分及び色素が風雨によって流されてしまう紫外線などに晒され白化する
  • 形状の変化 反り 曲がり ひび割れなどの原因
    1. 木材内部にある水分量の変化で膨張/収縮し反り 曲がりが起きる
    2. 急激な水分量の変化は大きな割れを誘発する
経年変化、変色

手入れをせずに次第に変化してゆく木材の風合いを楽しむ方法もありますが
ここでは上の変色、形状などの変化を少なくする方法を考えてみましょう。
左の写真は設置後8年程度経過しています、このようなグレーに変色するには設置後4年程度の時間経過が一般的です。

このウッドデッキのように表面が平らであれば、サンドペーパーで表面をおよそ0.8ミリ程度研磨すると元の色が出現します。

きれいになったら表面を覆うように「外部塗料やオイル」などで塗装することをお勧めします。

表面割れ

左の写真は経年変化で割れてしまったウッドデッキ材です。
このように大きく割れてしまったウッドデッキ材は交換をすることでしか補修する方法はありません。

一部はサンディングして表面をきれいにして、一部は交換をするといった作業が終わったならば、2週間ほどそのまま放置して、それぞれの色合いがそろってきたところで表面を覆う塗装することをお勧めします。

塗装をすることで木材内にある水分が塗料に包まれた様になり固定化されるので割れを減少させます、また木材の繊維が荒れないよう(トゲが出にくい)押さえる機能も兼ね備えています。