Eood-decker


 

No.54 傾斜地の ハイデッキ

クリックすると大きな画像が見られます

今回は、傾斜地に古くなった既存デッキの作り替え工事です。
写真左、針葉樹のデッキで腐食して危険で利用が出来ません。
写真右、解体工事が完了し急な傾斜地が姿を現しました。

クリックすると大きな画像が見られます

クリックすると大きな画像が見られます

写真左、柱を立て込む基礎の工事に取りかかります。
滑り落ちない様に足場をしっかり確保しながらの作業です。
写真右、基礎からしっかりと支柱を立ち上げ下地の構造体を造り込んでいきます。

クリックすると大きな画像が見られます

 クリックすると大きな画像が見られます

写真左、根太を支える梁は90mm角材を挟む様にダブルで取り付け強度をしっかりと確保します。
写真右、柱には控え、振れ止めをしっかりと取り付け、ふれのない強固な構造体を形成させます。

クリックすると大きな画像が見られます

クリックすると大きな画像が見られます

写真左、設置場所の傾斜角度がご覧頂けるかと思います。
控えと根がらみを的確に配置することで強度と経済性を確立させる事が出来ます。
写真右、床面部分の完成です。
フェンスの縦格子を取り付ければハイ デッキは完成です。
クリックすると大きな画像が見られます
クリックすると大きな画像が見られます
写真左、ハイ デッキの完成です。 お部屋からスムーズに出入りが出来る様になり、使い勝手が格段に向上しました。
写真右、デッキのフェンスと外構のフェンスを一つの構造体と見える様な仕上げにしました。
クリックすると大きな画像が見られます
クリックすると大きな画像が見られます
写真左、玄関脇からデッキへの導線があります、そこへ出入りするための門扉をフェンスと同様なデザインでまとめました。
クリックすると大きな画像が見られます
クリックすると大きな画像が見られます

写真左、完成した外構フェンスの全景です。
住宅と違和感なく自然に存在している様に感じられます。

ウッドデッキ図面はこちら


完成年】 2011年5月 
【所在地】横浜市 個人邸

produced by
潟Aミティエ一級建築士事務所

問い合わせ